施工事例・増築

たいへんハードルが高くなった増築工事

2005年に姉歯事件が起きました。建築構造設計基準の見直しがこの事件によって行われました。また阪神大震災、東日本大震災、熊本地震など度重なる地震があって建築基準法の大幅な見直しが図られます。
2007年から改正された建築基準法は構造設計の厳格化、つまり偽装などされない手抜き防止を厳格化した安全性度を高めたものになりました。このため今まで簡単に申請できた小規模住宅の増築でも特に構造チェックの厳格化が要求さるることになり構造計算が要求されることとなります 。

とても大事な構造計算

小さな建物でも構造計算は大変重要です。
建築基準法では建築士の設計による小規模の建物には構造計算は不要とされています(4号特例)。しかし2025年からこの4号特例法が撤廃され多くの木造住宅でも構造計算が必要となります。施主にも、建築設計事務所にも手間と費用負担が増えることになりその前に建てておこうという駆け込み需要が出てきそうなニュースです。
慣例的、直感的に構造は大丈夫と思う計画でも構造計算を行うと不可になることはよくあるのす。

構造解析のできる枠組壁工法(略称;ツーバイフォー)

枠組壁工法は構造解析のできる木造建築物です。
現行の基準法では1階鉄筋コンクリート(RC)構造の建物に 2階をRCで増築することは重量オーバーでほとんどの建物が不可能です。しかし2階をRCのほぼ1/4の木造で設計すれば増築の可能性が出てきます。
これを混構造と言います。2階の木造部分を構造解析してその力の伝わりを1階に導き既存のRC造を再計算する、なかなか手のかかる面倒な作業ですがこれがクリヤーできれば増築ができるのです。
(*ちなみに北米ではこのRC造と同様に構造計算が出来る枠組壁工法による6階建ての集合住宅も建設されております)

増築の救世主となった枠組壁工法

こうして2007年以降アクトでは10数件の増築計画を手掛けました。
土地を手に入れる必要のない、
住みながら増築のできる、
予算を建物だけに投入できる

など大変皆様に喜ばれたプロジェクトです。

ただし、必要十分な資料があること
あくまでも構造計算ができなければなりません。既存の構造物にも計算が及ぶために

建築確認書
完了検査済証
完備された構造計算図書

が必要になります。
ただこれらは真っ当に設計された建物では自ずと手元にあるはずので心配はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA